メタルアートJP:5644

時価総額
¥109.1億
PER
4.4倍
精密型打鍛造品の製造販売を行い、自動車や建設機械部品を主力製品として提供。

沿革

事業内容

メタルアート及びそのグループ会社は、メタルアート自身と子会社3社、その他の関係会社1社で構成されています。メタルアートとその2つの子会社は、主に精密型打鍛造品の製造販売を行っており、これらの製品は自動車や建設機械部品を中心に提供されています。また、連結子会社であるメタルヴィレッジは、事業準備会社として位置づけられています。

メタルアートが製造販売する製品については、一部の鍛造品を連結子会社のメタルフォージに下請けしています。さらに、インドネシアに拠点を置くPT.METALART ASTRA INDONESIAは、鍛造品を製造し、現地法人に販売しています。その他の関係会社であるダイハツ工業へも製品を供給しています。

このように、メタルアートグループは、自動車や建設機械部品を中心に、精密な鍛造技術を駆使した製品の製造販売を行っており、国内外の様々な企業に対して、高品質な製品を提供していることがわかります。

経営方針

メタルアートは、経営理念に「常に新たな価値を生み出し、お客様の感動を創造する」「革新的なものづくりを通じて社会の発展に貢献する」「リスクを恐れず挑戦し成長する喜びを共感する」という三つの柱を掲げています。これらを基本方針とし、お客様、取引先、株主、従業員が共に満足を得られる経営を目指しています。

同社は、世界経済の不透明性や主力市場である自動車産業の電動化加速などの課題に直面しています。これらに対応するため、「原点回帰と変革」を方針として掲げ、継続的に取り組んでいます。「原点回帰」では、経営理念と「メタルアートウェイ」を理解し実践することで、競争力の強化を目指します。「変革」では、新たな仕事獲得、新事業、新ブランド価値の創造に挑戦し、イノベーションとブランド強化のための投資を継続しています。

経営上の目標として、持続的な成長と中長期的な企業価値の拡大を目指し、売上高経常利益率及び自己資本比率の向上を重要視しています。これらの戦略を通じて、メタルアートは、厳しい経営環境の中でも成長を目指し、社会への貢献を果たしていく方針です。