サントリー食品インターナショナルJP:2587

時価総額
¥1.71兆
PER
19.4倍
飲料・食品の製造・販売を中心に、国内外でミネラルウォーター、コーヒー、茶系飲料、炭酸飲料、スポーツ飲料、特定保健用食品等を手掛ける。

沿革

年月

概要

1899年2月

鳥井商店創業

1921年12月

㈱寿屋設立

1932年6月

㈱寿屋が清涼飲料の販売を開始

1963年3月

1972年2月

1980年10月

㈱寿屋が商号をサントリー㈱に変更

サントリー㈱がサントリーフーズ㈱設立

サントリー㈱がペプコム社を買収し、米国でボトリング事業を開始

1990年4月

サントリー㈱がCerebos Pacific Limitedの株式を取得し、セレボス・グループ(現 Suntory Beverage & Food International (Thailand) Co., Ltd.及びその子会社)を子会社化

1997年12月

サントリー㈱が米国のペプシコ社より、日本でのペプシブランド商品のマスターフランチャイズ権(マーケティング及び製造販売総代理権)を取得

1999年7月

サントリー㈱の出資によりPepsi Bottling Ventures LLCを設立(ペプシコ社との合弁会社)

年月

概要

2009年1月

サントリー㈱の飲料・食品事業の承継先としてサントリー㈱が当社(サントリー食品㈱)を設立

(本店所在地:東京都港区)

2009年2月

2009年2月

サントリー㈱がFrucor Holdings NZ Limitedの株式を取得し、フルコア・グループ(現 FRUCOR SUNTORY NEW ZEALAND LIMITED、FRUCOR SUNTORY AUSTRALIA PTY.LIMITED等)を子会社化

サントリー㈱が株式移転により持株会社であるサントリーホールディングス㈱を設立

2009年4月

サントリー㈱の新設分割によりサントリープロダクツ㈱を設立

2009年4月

サントリー㈱より、同社が営む飲料・食品事業を吸収分割の方法で承継し、当社において清涼飲料等の製造・販売を開始

当該吸収分割の結果、サントリーフーズ㈱及びサントリープロダクツ㈱等が当社の子会社となる

2009年11月

サントリーホールディングス㈱がOrangina Schweppes Holding S.à r.l.の株式を取得し、オランジーナ・シュウェップス・グループ(現 Orangina Schweppes Holding B.V.及びその子会社)を子会社化

2011年1月

サントリーホールディングス㈱を分割会社、当社を承継会社とする吸収分割を実施

これにより当社がオランジーナ・シュウェップス・グループ(現 Orangina Schweppes Holding B.V.及びその子会社)、セレボス・グループ(現 Suntory Beverage & Food International (Thailand) Co., Ltd.及びその子会社)、フルコア・グループ(現 FRUCOR SUNTORY NEW ZEALAND LIMITED、FRUCOR SUNTORY AUSTRALIA PTY.LIMITED等)を子会社化

当社商号をサントリー食品インターナショナル㈱に変更

2011年7月

東南アジアにおける事業統括会社としてSuntory Beverage & Food Asia Pte. Ltd.が発足

2011年10月

ガルーダ・フード・グループとの合弁会社PT SUNTORY GARUDA BEVERAGEがインドネシアにおいて事業を開始

2011年12月

サントリーホールディングス㈱を分割会社、当社を承継会社とする吸収分割を実施

これによりSuntory International Corp.及びPepsi Bottling Ventures LLCを子会社化

2013年4月

ペプシコ社との合弁会社PEPSICO INTERNATIONAL - VIETNAM COMPANY(現 Suntory PepsiCo Vietnam Beverage Co., Ltd.)がベトナムにおいて事業を開始

2013年5月

本店を東京都中央区に移転

2013年7月

東京証券取引所市場第一部に株式を上場

2014年1月

Lucozade Ribena Suntory Limitedが、GlaxoSmithKline plcから譲り受けた「Lucozade」「Ribena」の製造・販売事業を開始

2015年7月

㈱ジャパンビバレッジホールディングス及びジェイティエースター㈱の株式を取得し、両社を子会社化

2016年4月

2018年3月

サントリーフーズ㈱を分割会社、サントリービバレッジソリューション㈱を承継会社とする吸収分割を実施し、同社において、自動販売機事業等を開始

ペプシコ社との合弁会社Suntory PepsiCo Beverage (Thailand) Co., Ltd.がタイにおいて事業を開始

2020年12月

本店を東京都港区に移転

2022年1月

サントリービバレッジソリューション㈱、サントリービバレッジサービス㈱及び㈱ジャパンビバレッジを統合し、サントリービバレッジソリューション㈱(旧㈱ジャパンビバレッジ)において、自動販売機事業等を開始

2022年4月

東京証券取引所市場第一部からプライム市場に移行

事業内容

サントリー食品インターナショナルは、サントリーホールディングス株式会社を親会社とするサントリーグループの飲料・食品セグメントの中核企業です。同社は、飲料・食品の製造・販売事業を主軸に展開しており、子会社74社及び持分法適用会社7社を含む広範なグループ構成を有しています。サントリー食品インターナショナルは、グループの事業持株会社として、企業統治、事業戦略の策定、品質保証の推進、事業・商品開発などを行い、グループ全体の中枢として機能しています。また、M&A戦略の策定や相手先の選定も担っています。

同社グループは、日本国内でミネラルウォーター、コーヒー飲料、茶系飲料、炭酸飲料、スポーツ飲料、特定保健用食品などの製造・販売を行っています。製品の製造はサントリープロダクツ株式会社が、販売はサントリーフーズ株式会社及びサントリービバレッジソリューション株式会社がそれぞれ担当しています。また、サントリーフーズ沖縄株式会社は沖縄県での清涼飲料等の販売を行っています。

アジアパシフィック地域では、タイ、インドネシア、ベトナム、タイ、ニュージーランド、オーストラリア、マレーシア、香港、シンガポールなどで、健康食品や清涼飲料の製造・販売を展開しています。特に、「BRAND'S Essence of Chicken」シリーズやゼリードリンク「Okky」、茶飲料「MYTEA」、エナジードリンク「Sting」などが代表的な製品です。

欧州では、フランス、英国、スペインなどで炭酸飲料「Orangina」「Schweppes」、果汁飲料「Oasis」、果汁飲料「Ribena」、エナジードリンク・スポーツドリンク「Lucozade」の製造・販売を行っています。米州事業では、北米において清涼飲料の製造・販売を展開しています。

サントリー食品インターナショナルは、これらの事業を通じて、グローバルな飲料・食品市場でのプレゼンスを拡大しています。

経営方針

サントリー食品インターナショナルは、グローバル飲料業界において独自のポジションを確立し、2030年に向けた売上目標2.5兆円を掲げています。同社は、既存事業の成長と新規成長投資を二本柱とし、売上成長を上回る利益成長を目指しています。成長戦略として、コアブランドのイノベーションや新カテゴリーの創造、新市場や新飲料モデルの開発、M&Aの積極推進などを挙げています。また、センター オブ エクセレンスとDXの推進、アジアパシフィックリージョンの新設など、成長を支える取り組みも進めています。

サントリー食品インターナショナルは、サステナビリティ経営も重視しており、「水」と「温室効果ガス」に関する活動や「プラスチック基本方針」に基づく取り組みを強化しています。これらの活動は、地域社会への貢献と持続可能な成長を目指す同社の姿勢を示しています。

中期経営計画では、2023年までの目標として、売上収益の平均年率一桁台半ばの成長、営業利益の平均年率10%以上の成長、営業利益率10%以上を掲げています。成長投資には、M&Aを含む最大ネットD/Eレシオ1倍を上限目安としており、積極的な投資を進めています。

サントリー食品インターナショナルは、変動の激しい外部環境の中で事業構造を進化させ、グローバルでの更なる攻勢を仕掛ける戦略を展開しています。コアブランドのイノベーション加速や、厳しいコスト環境の中での売上収益の伸長、サプライチェーンのコスト削減活動の徹底など、増益を目指す取り組みを進めています。